2011年08月04日

夏の甲子園が始まると、つい思い出すこと

もうすぐ夏の甲子園野球が始まる。

今や50歳を過ぎたおじさんだけど、青春時代に夢中になったことは何か?

中学・高校時代で言うならば、フォークソングだ。

主に吉田拓郎の歌をコピーして唄っていたけれど、自分でも作詞作曲をやったりもしていた。

音痴で、下手ッピーのくせに、唄うことが好きだった。

大学時代はフォークソングがクラシック音楽に変わり、トランペットを鳴らし続けた。

同じオーケストラでバイオリンを弾いていたのが、家内なのだが、我が家の次女がこのオーケストラに入ってホルンを吹いている。


夏の甲子園が始まると、つい、そんなことを思い出す。


あなたが、青春時代に夢中になったのは何ですか?






●●●『あなたに届けたい言葉。』(素敵に幸せに)●●●
       ↓
『あなたに届けたい言葉。』(素敵に幸せに)


●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)



●●●『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)●●●
       ↓
『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)



blogram投票ボタン人気ブログランキングへブログランキング






posted by ホーライ at 06:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 人生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

セミにはセミの幸福感がある、っていうものさ。

●蝉の声が真夏を伝えてくれる。


「8日目のセミ」という本もかなりいい出来になっている。
     ↓

八日目の蝉/角田光代 (アマゾン)


八日目の蝉/角田光代 (楽天)


せつない話になっているけれど、読後感は爽やかでいい。



セミは盛夏のシンボルだ。

都心のビル群にもセミはしっかり鳴いているが、田舎の林に入ると、猛烈な「蝉しぐれ」に出会える。



セミの鳴き声を聞くと、もう夏も盛りだな、と本能的に思う。

セミは7年間ぐらい土の中で過ごして、地上に出て1週間ぐらいで死んでしまうのが、可哀そう、という言葉もあるが、これはハッキリと言って「人間視線」だ。

セミにとっては、土の中のほうが快適で幸せなのかもしれないよう。



「苦節15年を経て、演歌舞台に登場しました」というのも一緒だ。

「苦節15年」のほうが、実は、本人にとっては幸せだったのかもしれない。

一流の舞台に出てきてしまったがために、自分が望まない仕事もしないといけなくなる。


という説と、やっぱりセミは地上に出てからの1週間を「幸せ」と感じるかは、あなたの価値観に左右される。

何事も自分の視線で考えないほうがいいよね。


セミにはセミの幸福感がある、っていうものさ。




blogram投票ボタン人気ブログランキングへブログランキング





●●●『あなたに届けたい言葉。』(素敵に幸せに)●●●
       ↓
『あなたに届けたい言葉。』(素敵に幸せに)


●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)


●●●『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)●●●
       ↓
『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)


■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 医薬品ができるまで(治験に関する話題) ■■■
   ↓
医薬品ができるまで(治験に関する話題)


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
   ↓
モニターとCRCのためのGCPメルマガ


posted by ホーライ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

死の淵から這い上がってきた「アカギ」

昨日の3行日記で、いきなり「アカギ」を出したけれど、普通の人はなんだか分からなかっただろうね。

「アカギ」は麻雀の漫画で、こんな感じです。
 ↓
アカギ 24 (近代麻雀コミックス)




【送料無料】アカギ(24)

【送料無料】アカギ(24)

【送料無料】アカギ(24)
価格:680円(税込、送料別)




見ての通り「おぞましい」感じがするけれど、これが下手な「人生哲学の本」や「教訓の本」よりもずっと実生活に生きる言葉を伝えてくれる。

これれからも、アカギやカイジの名言をここで紹介していこう。


今日の名言は「悪役」の「利根川幸雄」の言葉だ。

「ファック・ユー。ぶち殺すぞ、ゴミめら。お前たちは大きく見誤っている。この世の実態が見えていない。まるで3歳か4歳の幼児ようにこの世を自己中心に。求めれば周りが右往左往して世話を焼いてくれる。そんなふうにまだ考えてやがるんだ。臆面もなく!甘えを捨てろ。」
   ↓
もっと見る?人気ブログランキングへ


●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)


●●●『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)●●●
       ↓
『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)
ラベル:アカギ
posted by ホーライ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする