2011年07月23日

僕の好きな先生

ブログを書いていると、つくづくボキャブラリーが貧弱だということに気づかされる。

言葉は人生を作る。

「言葉」はコミュニケーションのツールだけではなく、「思考」のツールでもあることに気づかせてくれたのは中学校3年生の時の国語の先生だった。

その先生は僕がこの人生で出会った「先生」(幼稚園から大学院まで)の中で、ピカいちの先生だ。

中学3年生の頃の僕は、「数学」は理論で攻めれば分かるものだけど、「国語」(というか小説)は、「感じる」もので、解釈方法なんて関係ないと思っていた。

でも、その国語の先生が「山椒魚」(井伏鱒二)の小説を「分析」して「解説」してくれた。

その「解説」を聞く前と後では断然、後のほうが、山椒魚が面白く「感じた」。

国語の授業で「分かった!」と思ったのはそれが初めてだった。

今頃、どうしているかな?あの先生。


忌野清志郎(RCサクセション)の「僕の好きな先生」も最高だよ!
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=um5NkR9B-X4&feature=related





blogram投票ボタン人気ブログランキングへブログランキング



posted by ホーライ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック