2014年01月21日

総合機構の「GCP研修」と素朴な疑問

総合機構の「GCP研修」の資料を使って、社内で研修を実施した。
    ↓
http://www.pmda.go.jp/operations/shonin/outline/shinrai/kenshushiryo.html#gcp

若い社員から、素朴な疑問を質問される。

僕は「相手は知っていて当然」という発想で話しを進めるが、「本当にここまで質問ない?理解できた?僕が言っている意味、わかる?」と時々、受講生にきく。

どんなに些細な疑問も残さないように研修を行うためには「受講生と同じ視線・立場」で行うことの大切さを再認識した。

posted by ホーライ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアコンの無い世界を想像できるか?

「今、すぐ原発ゼロ」の世界?

資源が枯渇しつつある残り少ないエネルギーのもとをどうするの?

「TVは中止」「計画停電」

そうならざるを得ない状況になったら、そりゃ、やるだろけれど、ネットし放題、テレビ見放題を諦める忍耐力が必要だ。

その覚悟はあるのかな?
posted by ホーライ at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

介護でもキーは「排泄」だ

認知症、難しい「排泄ケア」 プロに聞く失敗しない技
     ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140119-00000501-san-hlth

まさに!
今の母がこの状態。

トイレに自分ひとりで行けるということは、実はとても大事。

こんなことだけど、バカになれない。

posted by ホーライ at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

宇宙船「地球号」はもう満杯です

人間の人口が地球の許容範囲を超えることが分かった。

このままでは宇宙船「地球号」では人類は生き残れない。バランスが突出して、生存不可能だ。

ならば3人に1人の割合で「生殖」ができないように人間を「進化」させないといけない、という本を読んだ。

本当に、今のままでは人類はエネルギーと食糧を食いつくし、病気のパンデミックは避けられない。

「ペスト(黒死病)」過剰になったヨーロッパの人口を「妥当」な線まで下げたので、「ルネッサンス」が勃興したという説もある。

「人類」は異常に増え続ける「地球の癌細胞」だ。

どこかで歯止めをかける必要があるのは?
posted by ホーライ at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・世の中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

傑作を生むシンプルな方法

厳しさと激しさのなかでこそ人は伸びる。

傑作は「汗と血の結晶」であることが多い。

楽な道と苦しい道があったら、苦しい道を選ぶことで他人にはできない傑作を生むことができる。


posted by ホーライ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

パン屋で働くメリット

我が家の次女が毎週、土日に「パン屋」にバイトに行くようになった。

最終番のシフトの時は賞味期限が切れそうな余ったパンを貰ってくる。

薬と違って、パンなどの食品は足が速くて、大変だが、我が家の家計には役だっているな。(特に僕はパン好きだから。)

posted by ホーライ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

せっかく寝てたのに、それって必要?

睡眠障害で、今、2種類の睡眠薬を処方してもらっている。

さっきまで熟睡していたら、妻が僕を起こした。

「そろそろ睡眠薬を飲む時間よ」って。


posted by ホーライ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 体調 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

顧客の満足度を上げる方法(営業もやっているホーライ)

製薬会社に導入研修の売り込みにいったぜよ。

あらゆる顧客は様々な個性の塊で、ニーズが万遍なく異なるのだ。

提供できる研修プログラムのカスタマイズは必須なので柔軟な思考が必要になるのさ。(何でもあり、なのだ。)


posted by ホーライ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

マリファナが合法化されたアメリカのある州

コロラド州とワシントン州では2012年に、マリフアナが嗜好品として合法化された。

アメリカは1人当たりのマリフアナ消費量が世界最大というが、驚くに値しない。

アメリカ人はどの国の人たちよりも酒を飲み、大食いし、車をぶつけ、自分に向けて(他人にも)銃を放つ。

世界でも指折りの「危険な行為」が大好きな国だ。

でも、タバコのほうがマリファナよりも危険(依存性や発がん性等)だという説も聴いたことがある。

そのうち、日本ではタバコは法律で禁じられ、ある特定の県だけが販売を認められるような事態になったら、僕は間違いなく、その県に引っ越すだろう。

よく「タバコを吸っていることは『慢性的な自殺』をしているようなものだ」という言葉も聴く。

でも、慢性的な自殺じゃないという状況の人生なんてあるのだろうか?


と、タバコの紫煙を見ながら、僕は考えている。どうでもいいことを。(全然、3行に収まっていないじゃないか!)
posted by ホーライ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。